ブログ村ランキング↓に参加しています。応援お願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 環境ブログへ にほんブログ村 環境ブログ 環境情報へ

2009年6月29日月曜日

「見切り販売制限」について

ニュースを斬る セブンイレブン、「見切り販売制限」の深層(2009/06/29)

とりあえず、日経BizPlusのこの記事が一番、ことの真相をわかりやすく説明してくれてました。
コンビニ業界のフランチャイズ本部と加盟店オーナーとの厳しい関係は、以前から本などで読んでなんとなく感じとっていたのですが、やはり相当厳しいものがありますね。

記事を読み、日々、開いては閉じてゆく各コンビニチェーンの中で、突出しているセブンイレブンは、そのビジネスの品質管理にもすさまじさを感じました。
また、オーナー側にも力量の違いがあるという当たり前のことも、改めてわからせてもらいました。

この記事の中で一番気になったところを引用させていただきますと

「誰も安売り合戦なんてしたいとは思わない。でも、何でどんどん捨てるシステムになっているんだ、とずっと心に引っかかっていた。見切り販売を強行しているオーナーは、利益なんて、二の次、三の次。捨てることが、嫌なんです」


そうなんです。もったいないんです。
僕は別に、飢餓国を引き合いに出して、「見切り販売制限反対」なんて絶対いいたくはないけど。(そんなこと言っても不毛ですからね。)
ただ、もっと「もったいなくない」ビジネス手法/方法があってもいいじゃないかなといつも考えています。

コンビニに限らず、外食産業。外食産業に限らず、先進国全体のビジネス。
そのビジネススタイルがもったいなくても利益を出さなくてはならない以上、後進国はさらにもっともったいないビジネスを強いられてるのだろうなとは簡単に想像のつくところです。

だれもが勝てる世界なんてのは夢なんでしょうけど。夢はみたいです。


調べるkeyword
見切り販売
ロスチャージ
死に筋排除
デイリー品
OFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー
発注精度を高める

0 コメント: